ローンの審査で大事な項目である年収と返済比率

住宅ローンの審査では、年収は非常に重要な項目になります。
また、年収のうち住宅ローンの返済が占める割合のことを、返済比率といいます。
この返済比率も重要な審査項目の一つです。
具体的に数字で紹介していきましょう。
年収が600万円の人が、年間150万円を住宅ローンの返済に当てたとしましょう。
その場合、返済比率は25%ということになります。
金融機関によって異なりますが、大体20%から40%が返済比率の適切な数字だと思っておきましょう。
あまり高い場合には住宅ローンを借りることができないことがあります。
年収についてはある程度気にすると思いますが、住宅ローンシュミレーションについてもしっかりと考慮するようにしていきましょう。
年収が多くなれば、返済比率が低くなります。
そのほうが審査には有利に働くでしょう。
返済比率が低いということは、返済する能力があるという判断をすることができるからです。
年収が低い場合には、返済比率が高くなってしまいます。
しかし頭金を多く用意することによって、返済比率を少なくすることができます。
審査に通過することができるかどうか微妙な返済比率の場合には、このような方法で、返済比率を低くする努力が必要かもしれません。
このような条件は、金融機関によって異なります。
そのため自分が契約しようとしている金融機関の条件を確認しておきましょう。

審査に通過する必要があります

住宅ローンを借りる場合には、審査に通過する必要があります。
審査項目は様々ありますが、年齢や健康状態も重要な審査項目になります。
一般的には年齢が高くなれば、収入が高くなり、安定しているイメージがあります。
しかし実際には、年齢が高いと住宅ローンを借りることができないということもあります。
住宅ローンの審査の際には、完済時の年齢が重要視されます。
多くの金融機関で、完済時の年齢が70歳未満とされているようです。
そのため逆算して計算していく必要があります。
フラット35は35年間で返済をしていくので、遅くとも35歳までに住宅ローンを契約している必要があるでしょう。
また、高齢になると健康状態が悪くなる可能性があります。
そのため健康状態で住宅ローンを借りられなくなるという可能性もあるのです。
住宅ローンを契約する際には団体信用生命保険に加入する必要があります。
しかし健康状態が悪い場合には、この団信に加入することができません。
団信に加入できないと住宅ローンの契約をすることができないため、健康状態は重要な審査項目になるのです。
若くて健康なうちに住宅ローンを契約するのが理想ということになります。
また、将来住宅ローンの契約の予定がある場合には、よりいっそう健康に注意が必要になるかもしれません。
毎日の生活を健康的に送るように心がけましょう。

更新情報